header

事業案内

フロン類分解

中部電力のフロン類分解装置の開発に協力

弊社は、中部電力のフロン類分解装置の開発に、さまざまな形で協力しており、すでに2005年9月には、水を使わず、フロンと吸着剤を高温で反応させて分解処理を行う、固体アルカリ反応方式”のフロン類分解装置1号機を完成・導入しました。
また2008年12月には、NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)に「フロン・SF6s等破壊処理装置の導入によるSF6等分解処理事業」が採択されて、第2号機を導入しました。
現在、第1号機は主にHCFC22(クロロジフルオロメタン)の分解を、第2号機はSF6およびHFC(ハイドロフルオロカーボン)の処理を中心として稼働しております。

フロン分解装置1号機
開発にも協力し導入
(2005.9)
フロン分解装置2号機
NEDO支援事業により導入
(2008.12)
フロン分解装置3号機
予 備 機
(2011.8)
処理剤および処理廃材の再利用について

弊社の分解装置(固体アルカリ反応処理法)は、軽焼ドロマイトとフロンを高温で反応させる乾式によるフロンの分解処理をしています。
ドロマイト(Dolomite)の化学式はCaMg(CO3)2であり、石灰石(CaCO3)とマグネサイト(MgCO3)の中間に当たります。
軽焼ドロマイトは、ドロマイト原石を1000℃程度で焼成して二酸化炭素(CO2)を取り除いたもので、酸化カルシウム(CaO)と酸化マグネシウム(MgO)から成り、抗菌能力や有害ガス吸着能力などがあります。
また、スクリューコンベアに排出された使用済処理剤は、産業廃棄物として中間処理工場に送り、酸性汚泥・建設汚泥を中和するために使用されます。
中和された汚泥は固化剤の添加などを行い乾燥した後、再生土として利用します。

分解装置での処理

 反応処理剤(粒径5~10mmの軽焼ドロマイト)は、装置上部のホッパに送られ、電気ヒーターにより加熱されながら反応管を徐々に下り、下部スクリューコンベアにより排出されます。
 フロンは電気ヒーターで加熱された反応処理剤と化学反応により分解・吸着されます。
乾式のため廃水処理は不要で、酸の発生がないため装置が腐食しにくく、燃焼法に比べ低温処理が可能で反応熱が利用できるため省エネであり、排ガスにもダイオキシン類は発生しません。

 
 軽焼ドロマイト 未使用剤    軽焼ドロマイト 使用済剤
中京フロンが導入する分解装置の特徴

 この装置は、固体のアルカリ性反応処理材(軽焼ドロマイト)によってフロン・SF6・ハロンを分解処理させる独自技術「固体アルカリ反応方式」を用いた世界初の小型乾式フロン・SF6無害化処理装置で、下記のような多くの優れた特長があります。
 低温度での高い分解率(従来方式より70~150℃低温度)
 有害ガスの発生がないため、排ガス処理が不要
 塩素が固体と反応するため、ダイオキシン類の発生が全くない
 乾式処理のため、廃水処理や汚泥処理が不要
 全てのフロン類とSF6(六フッ化硫黄)、消火剤ハロンの無害化処理が可能

 

ガスクロマトグラフらよる排ガス分析

 環境保護のため、フロン類分解後の排ガスは、ガスクロマトグラフにより分析し、分解率、複生成物、ダイオキシン類の有無などを監視しています。

 
処理排剤の再利用

 スクリューコンベアに排出された使用済処理剤は産業廃棄物として中間処理工場に送り、酸性汚泥・建設汚泥を中和するために使用されます。
中和された汚泥は固化剤の添加などを行い乾燥した後、再生土として利用されております。

フロン処理量

 弊社での処理フロンの処理量は年々増加しております。
2014年3月末までの累計処理量は1,957.7㌧となりました。

単位:㌧
年度 上期 下期 年間 前年比
2000  0.3  2.5 2.8  
2001  9.3 19.5 28.7 1010.4%
2002 54.4 48.7 103.2 358.9%
2003  57.2 46.5 103.7 100.5%
2004  55.0 54.3 109.3 105.4%
2005  66.7 52.7 119.4 109.3%
2006  79.7 68.8 148.5 124.4%
2007  74.2 79.9 154.1 103.8%
2008  90.3 77.1 167.5 108.7%
2009  74.8 97.5 172.2 102.8%
2010 100.0 103.5 203.5 118.2%
2011  98.5 107.8 206.4 101.4%
2012  99.3  108.1  207.4 100.4%
2013 110.5 129.7  240.1 115.8%
footer