header

事業案内

再生装置

再生装置の概要

フロンは、破壊の時代から再生・再利用の時代へと変わります。本フルオローカーボン再生装置、分析装置、小分け充填装置は、2015年の改正フロン法に準拠した装置類です。ご要望により製作・納品し、再生事業のお手伝いをさせていただきます。

フルオロカーボン再生装置
(第二種高圧ガス製造設備)

型式:CPRS-10
再生能力:18kg/hr (R410A)
対応冷媒:FC1、FC2、FC3
電源:3Θ200V
消費電力:約1.5KW

フルオロカーボン分析装置
(純分・水分・酸分・蒸発残分)

純分:ガスクロマトグラフ分析装置
水分:微量水分測定装置
酸分:酸分測定装置
蒸発残分:蒸発残分測定装置

フルオロカーボン小分け充填装置
(第一種高圧ガス製造設備)

型式:CPSS-120
充填能力:120kg/hr
対応冷媒:FC1、FC2、FC3
電源:1Θ100V

※別途エアーコンプレッサが必要です。

本再生装置類は、一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構(JRECO)が経済産業省からの補助を受け公募した「代替フロン等排出削減先導技術実証支援事業」に「フロン再生装置導入による代替フロン(HFC)再生事業」として応募し、2013年10月に採択され、2013年12月に完成致しました。

フロン再生フロー
footer