header

事業案内

フロン回収

技術力と機動力で皆様のお手伝いをさせていただきます。

 通常のフロン回収の他に、大型回収装置を使用しての多台数・大量フロンの回収、高圧フロンの回収、液体冷媒回収装置によるターボ冷凍機の液体フロンの回収も高速で行い、機器更新時の短時間回収や解体現場で発生する様々なフロン類の回収処理に対応させていただきます。

フロン回収

 効率よく回収ができるよう、屋上の冷媒系統すべてに回収用ホース・ヘッダーを接続します。

   
冷媒配管への回収ホース接続 冷媒配管への回収ホース接続 室外機内部への回収ホース接続

 一階の大型回収装置に大口径ホースを接続し、回収車両内で回収運転を開始します。

大口径ホースを回収装置まで延長 回収用大型車両内で回収準備 回収運転を開始

 配管内の圧力が低下した後、回収装置を停止し圧力が-0.01MPa以下の状態を30分間保持することを確認し、回収運転を終了します。

回収前の圧力(0.6MPa) 回収中の圧力降下を確認 回収後の保持圧力(-0.033MPa)

 回収量を計量し、回収済フロンを処理工場へ運搬します。 必要に応じて回収報告書、現場写真、第一種フロン類引取証明書などを提出します。

回収容器の計量 回収用大型車両 回収報告書・現場写真
低圧フロン回収

 ターボ冷凍機のサービスポートへ回収用ホースを接続し、液体フロンを回収します。

ターボ冷凍機 サービスポート 液体フロン回収

 液体フロン回収終了後、冷却装置付の低圧フロン回収装置により気体回収を行います。 系統内の圧力が-0.07MPa以下の状態を30分保持することを確認し回収運転を終了します。

気体フロン回収 回収容器へ充填 回収容器の計量
footer